岩手大学で芸術文化を学ぶ

人文社会科学部 人間文化課程 芸術文化専修プログラム(通称:芸文)

人文社会科学部では、新たに人間文化課程を開設し、芸術文化専修プログラム (通称:芸文)において、アート(絵画・版画・彫刻・書・映像メディア等の造形表現領域)、デザイン(プロダクトデザイン・グラフィックデザイン等のデザイン領域)、クラフト(金工・窯芸・染織等の工芸領域)、理論(美学・美術史・美術理論等の芸術学領域) の4領域で芸術文化を多角的・総合的に学ぶことができるようになりました。入学後には芸術文化専修プログラムを主専修とし、他の専修プログラムを副専修として選びます。
芸術文化関連での地域の指導者、制作関連の業種、公務員等を目指す人はこちらを受験してください。

教育学部 学校教育教員養成課程 中学校教育コース 美術サブコース(通称:中美)

教育学部では、教員養成特化のため芸術文化課程が廃止となり、学校教育教員養成課程中学校教育コースにおいて中学校美術の教員免許を主免とする美術サブコースのみが存続します。このサブコースでは新たに、中学校美術の免許のほかに、小学校または他教科の副免取得が義務づけられます。また、小学校主免の小学校教育コースからも、中学校美術を副免とし、美術サブコースを選択することが可能です。
美術教師、小学校教員を目指すならこちらを受験してください。

(旧)芸術文化課程美術・デザインコースからの改組

2016(平成 28)年度より、上記のように本学で芸術文化を学ぶ学生の所属が大きく変わりました。
旧岩手大学教育学部芸術文化課程の美術・デザインコースは、 2000(平成 12)年度に前身である特別教科(美術・工芸)教員養成課程こと特設美術科(通称:特美)を廃止して芸術文化課程造形コース(美術専修)を設置し、その後、2010(平成 22)年度に改称したもの(通称:芸美)でした。
美術・デザインコース所属として入学した学生が、 絵画・版画・彫刻・金工・窯芸・染織・インダストリアルデザイン・映像メディア・美術史・美術教育の研究室において、それぞれの専門領域の研究活動を行ってきました。また、学校教員教育課程からも美術サブコースの学生を受け入れてきました。
現在、美術学生の所属形態は大きく変わりましたが、今後も、岩手大学において芸術文化に関わる人材育成機能は維持していきます。

募集定員等

人文社会科学部

人間文化課程 芸術文化専修プログラム(推薦入試の募集定員:美術9名・書道4名)
主副専修制により、学生数は未定(一般入試・AO入試による人間文化課程入学者は、芸術文化専修プログラムを主または副として選択可能)

教育学部

学校教育教員養成課程 中学校教育コース 美術サブコース(募集定員:推薦入試 1名・前期日程 2名)
小学校教育コース入学者は、美術サブコースとして選択可能(学生定員:5名)

岩手大学入試情報