研究室

  • 絵画
  • 版画
  • 彫塑
  • 金工
  • 窯芸
  • 染織
  • インダストリアル
  • 映像メディア
  • 美術教育

絵画研究室

研究室の研究・活動

美術教育における現代の美術の位置づけや20世紀造形の基礎資料とその理論を研究しています。特に、動きの視覚化を中心とした総合造形など、幼児期から美術に関心を持ち、その能力を十分引き出すこと等、美術教育の研究をしています。また、この教室に所属する学生の多くは、サブコースの美術専攻の教員養成を希望する者が多く、卒業後の教育の現場に役立ち、美術教育指導に対応した実践的な取り組みを学んでいます。

専任教員

煤孫 康二

准教授

専門分野:美術科教育学

研究テーマ・分野:美術教育における現代造形の位置付け、異文化教育と美術・工芸、言葉と形態の関係

研究室ギャラリー